読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cooking Studio Epices

目黒区の料理教室「エピス」の日常

妄想料理(コラム)

コラム

料理教室を開いて1年。
食の活動に本腰を入れて1年間。

平日の仕事に加えて、休日はがむしゃらに料理だけを作り続けてきた。
休みなく作り続けて、時々頭がショートすることもあった。
人の作ったご飯が食べたくなることだってあった。

でも、不思議と「作りたい料理がない」という状態にはならない。

毎日毎日、アレが食べたい、コレが食べたい!
アレをこうして、ああしたものが食べたい!
旬のアレをあーして食べたい!
あの店のアレが食べたい!
あの店のアレをこーしたら美味いんじゃないか。
旬のアレをこーしたら美味いんじゃないか。


あーもう、ずっと食べていたい。
食べるために、ずっと作っていたい。


料理教室を始める前は、
私の料理のジャンルを聞かれて
「スパイス&ハーブ料理」
「エスニック&中東料理」
とか言ってたけど

今なら言えるの。
私の料理は妄想料理。

 

妄想は味の国境を越える。

酒飲みの食いしん坊なら誰もがする妄想を、
私の手を通して、食卓に再現したい。

うん。
ずーっと料理の妄想していたい。
それがやりたい。

今年1年で、凄くたくさんの経験ができた。
来年もまた1年もっともっと経験したい。

そんな私に、皆様、
お付き合いのほど、よろしくお願いいたします!

 

 

最後に、去年作った妄想料理、勝手にトップ3の発表(笑)

 

①牡蠣のグリーンカレー

f:id:momosdeli:20160301080434j:plain

牡蠣の全てがグリーンカレーの液体に溶け込んでたら、
絶対美味いに決まってる!という妄想を形に。
グリーンカレーペーストを炒る際、ペースト状にした生牡蠣を投入。
仕上げに丸ごとの牡蠣も大量に投入。
そして、ミョウガを散らすのも良いでしょう。
色がキレイだろうなーっていう妄想と、
シャキシャキ感たまらんだろうなーっていうね。

 

ポルトガルリスボンのタラのあれ

f:id:momosdeli:20160301080541j:plain

これぞ妄想料理の真骨頂。レシピ名も「タラのあれ」。適当。
テレビで見たポルトガルリスボンのお料理を妄想した結果⇒記事

 

③イノシシのタタキと金柑のカルパッチョ

f:id:momosdeli:20160412133833j:plain f:id:momosdeli:20160412133835j:plain

妄想を組み立てる喜びを改めて実感できたお料理

イノシシのやわやわなロースを絶妙なタタキにして、旬の金柑と合わせたい。
ジビエはナッティーな香りがするので、ナッツを合わせてみたり。
臭みに対抗してミント散らしたら?
それを塩と美味しいオイルだけで……。
頭の中の妄想を形にできた喜び。
そして最高に美味しかった喜び。

 

またこれから1年も沢山妄想します♡