読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cooking Studio Epices

目黒区の料理教室「エピス」の日常

リクエスト、ミネストローネ。(コラム)

f:id:momosdeli:20160422171700j:plain

ある日の晩、娘に何が食べたいかを聞く。

すると「じゅん君が来なかった日の夜に作ってくれたスープ」という。

はて。

じゅん君が来なくて誰が来ていた?と聞くと、
その日はたくさんの人が来ていて、よく分からないという。

スープに何が入っていたかを聞くと、
タマネギとかブロッコリーとか……

ふむ、分かった。
ここは母の感。

味噌作り教室の終了後、バーニャカウダの残り野菜をスープにしたんだった。
その日は、じゅん君が来ていなかったし、大勢の人が味噌作りに来ていた。
食の細い娘が、そのスープを完食したことも思い出した。
あのスープをリクエストしてくれるとは。
本当に、美味しかったんだろう。

バーニャカウダの残り野菜は再現できないので、春野菜と冷蔵庫の残り野菜で。

新タマネギ、春キャベツ、カーボロネロ、人参、コーン、インゲン、レンズ豆、ブロッコリー

オリーブオイルで野菜を炒めて、蒸し煮にして、最後に水とローリエ、昆布を入れてクタクタになるまで煮込む。ひとつまみの塩だけで味付け。

これだけでいい。
野菜の旨味と甘み、昆布の旨味と塩気。

食べる直前に粉チーズと、上質なオリーブオイルを回しかける。

「じゅん君が来なかった日の夜に作ってくれたスープ」は、
私が作ったミネストローネだった。
滋味深く、静かなミネストローネ。

このスープをリクエストしてくれた娘。
食が細くて、一日に50回くらい「ご飯たべなさい」と言っているけど、
この子はちゃんと美味しい物を知っていてくれるんだな。
ママは嬉しくなったさ。

また、作るね。