読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cooking Studio Epices

目黒区の料理教室「エピス」の日常

味噌作りの特別講座(2016.2.6)

クラスのレポート

2月頭、寒さの厳しいこの時期にやることと言ったら?
手前味噌を仕込むこと。

私が小さい頃、毎年母が、母の友人と味噌を仕込んでいたことを思い出します。
私も結婚してから味噌を仕込むようになったのですが、
1人で仕込むのは本当につまらない!

なにせ、地道な作業が多いのです。
それに、大量に作った味噌を一家で消費できるわけでもなく。

今年は仕込もうかどうしようかと悩んでいるときに、
「味噌仕込んでみたいです!」との声が上がったので、
特別講座を開催することにしました!
 
いつも頼んでいる麹屋さんから味噌10kg分の材料をお取り寄せ!

f:id:momosdeli:20160209110850j:plain




みなさんがいらっしゃる前に、前日から下準備。
たっぷりのお水で12時間戻した大豆を、2〜3時間ことこと茹でておきました。

指でつぶれるくらい柔らかくなった大豆。

f:id:momosdeli:20160209110852j:plain




子どもたちは「大豆がおいしい!大豆がおいしい!」といって、
つまみぐいパクパク(^^)

つぎに塩きり麹といって、
潰した大豆と混ぜるための塩を麹を混ぜたものを準備します。
こちらも、子どもたちがお手伝いしてくれました。

f:id:momosdeli:20160208171146j:plain



そのあと大豆を手で潰します。これは大人たちがぺちゃくちゃ世間話をしながらひたすら潰す楽しい工程。
1人だと憂鬱ですが、みんなでやれば本当に楽しい時間!
ねんど遊びにもにた癒やしがあります。
この大豆を潰す作業、器具を使ってもできますが、
手で潰して、ランダムに粒が残る感じを推奨します。

大豆と塩きり麹をよーく混ぜて、味噌玉というボールを作ります。
ああ、何て愛らしい形!

f:id:momosdeli:20160208171128j:plain



その味噌玉を、各自のタッパーに隙間無く詰め込んだら完成!

f:id:momosdeli:20160208171127j:plain



あとは日陰の風通しが良い所に半年程放置。
このサイズですと天地返しも無用でしょう。

各家庭2kgほどのお味噌の種をお持ち帰りいただきました。

それぞれのご家庭でどんなふうに育つでしょうか?楽しみです。

お味噌作りの後は、味噌を使った簡単な家庭料理を3品ご紹介。

 

f:id:momosdeli:20160208171148j:plain
・味噌と赤ワイン煮漬け込んだ豚ロースのグリル

 

f:id:momosdeli:20160208171147j:plain
・キノコの炊き込みご飯 味噌風味
・味噌マヨディップ(野菜につけて)←写真なし


いかがですか?楽しそうでしょう?

ご好評につき3月に、もう1〜2度お味噌作りの講座を開催いたします。
興味のある方は、ご連絡くださいね!